人体が必要な水分バランス

人体が必要な水分バランス

私達人間の体に含まれる水分は50%〜75%と言われています。
赤ちゃんであれば約75%、成人であれば60%〜65%の水分が体に含まれています。

 

水分不足

人間はたとえ食べ物を取らなくとも、睡眠と水さえあれば2〜3週間は生きられると言われますが、水分を補給しないと4〜5日で命を落としてしまうぐらい、人体にとって水分はとても大切な資源です。

 

体重の10%の水分が不足すると、筋肉の痙攣や腎不全を起こし、それ以上では意識を失うそうです。さらに20%の水分が失われたら死に至るという報告があります。

 

 

水分の過剰摂取

水分のとりすぎは一見体には良いように思えますが、実は内臓に大きな負担をかけてしまいあらゆる障害を引き起こす原因となります。

水分の処理を行う腎臓では、過剰に水分を取り過ぎてしまうと尿を作る限界を迎えてしまい、結果として水中毒になってしまう恐れがあります。
また、体内のナトリウムやカリウムと水のバランスが取れなくなることで、けいれんを起こしたり、意識を失う可能性もあります。

 

その他、高血圧、動悸、息切れ、不整脈の症状も現れます。
これは、水分を取ると血中の水分量も増えますので、血液の量が必然的に増えるようになります。増えた血液を体の隅々に届けるために心臓はより力を入れるようになるため、血圧が上昇するというメカニズムがあるためです。

 

 

そして、本サイトでも取り上げているむくみは水分の過剰摂取によっても引き起こします。
そのため、むくみを取る飲み物とむくみを貯めこむ飲み物の区別をしっかり理解しておくことが大切です。

 

 

むくみ解消のお茶の人気販売店ページへ移動 >>