むくみを起こす原因【まとめ】

むくみを起こす原因【まとめ】

むくみを起こす原因は様々ですが、代表的な例をいくつかまとめてみましたので、むくみ対策の参考としてご活用下さい。

 

普段の生活

普段の生活で感じるむくみの代表として、過労、睡眠不足、運動不足、月経時、満員電車に長時間揺られた時があります。
経験されている人も多いかと思いますが、これは血液の循環がうまくいかないためにむくみの症状が発生することが原因のようです。

 

『ふくらはぎは第二の心臓』とよばれているのを聞いたことがあるでしょうか。
私達の心臓は体の隅々まで血液を送る役割がありますが、吸い戻す機能はありません。

 

心臓より上部であれば、重力によって心臓に血液を戻せますが、脚などの心臓から遠い場所から血液を戻すには筋肉の収縮によって血液を心臓に戻してくれていることはあまり知られていません。

 

そのため、体が弱った状態や、立ちっぱなしの仕事で乳酸が溜まった脚の筋肉では血液を送り戻す力があまりありませんから、結果的に脚のむくみが発生することとなります。
また、病院で寝たきりの場合も筋肉を動かさないことが多いため、むくみがひどくなる原因の要因ともなっています。

 

 

塩分の取り過ぎ

『飲み会の締めはラーメンで』っといった流れは私達の生活でたまにあることで、私も大好きです。

 

ですが、ついつい食べてしまいがちな美味しいラーメンには塩分が相当な料が含まれていますし、アルコールの飲み過ぎは水分を取り入れてしまいやすくなるサイクルを作りますので2重にむくみの原因を生み出してしまいます。

 

塩分を摂り過ぎると、血液中の水分が血管の外に押し出されてしまいます。この押し出された水分が余分にたまることで体がむくんでしまいます。

 

 

 

病気からむくみを見る

特定の病気にはむくみを引き起こすことがあります。
それぞれの病状によって、むくむ場所が異なるため、病状を特定するためにむくみのサインが活用されることもあります。
症状には個人差がありますので、あくまでも目安としてご利用下さい。

 

腎性浮腫

顔や手足のむくみ

 

心性浮腫

足のむくみ

 

肝性浮腫

下肢のむくみ

 

内分泌性浮腫

顔、手足、目の周り

 

栄養障害性浮腫

顔、下肢

 

リンパ性浮腫

脚、かかと、手の甲

 

 

 

むくみ解消のお茶の人気販売店ページへ移動 >>